レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

トリプトファン、今すぐアクセス
http://www.suplinx.com/shop/e/etryptoph/



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:17年08月31日

減量をする時に
NGとされていることがいくつかあります。

特に代表的なのが「間食を控える」ということ。
これって減量をする人の間では、もはや常識ですよね?

ところが、
場合によっては、間食OKというケースもあるんですよ!

それは、食事を食べない時間が
7時間以上あいてしまった場合です。

これだけ時間が空いてしまえば、
腹がすかないということの方がおかしいので、
間食してもかまわないのです。

ただし、
何を食べるかということが問題になってくるわけです。

やっぱり、お菓子はNG!
お菓子というのはもともと糖分が多いです。

またスナック菓子などは、
揚げる工程が含まれる場合が多いですから
脂肪分も豊富!

脂肪と糖分、これらはまさに減量の大敵ですよね!

そこで、おすすめなのがフルーツです。

フルーツは水分が多く含まれていますから、
見た目と比べると
それほどカロリーが高いというわけでもないんです。

またビタミンなど、からだにとって必要な栄養素もとることができますから、
栄養バランスを整える意味でも効果的なのです。

でも、クチさびしい時に
どうしてもお菓子に手が伸びてしまうという人は
強制的にお菓子を食べることができないシチュエーションを
作るようにしましょう!

お菓子を食べてしまうのは、
お菓子が手の届くところにあるからです。
ということは、
お菓子を買わなければ、良いのです!

そして、
10時11時ばんの3食を規則正しく食べましょう!
3食をきちんと食べていれば、
腹がすくことも回避できますので、
お菓子にも手が伸びないでしょう。

ホーム サイトマップ